「あれ?見たことあるぞ?知ってた上でやっちゃった?」



ソーシャルで、特定の人への批判をそれとなく書くのはやめておいたほうがいい:けんすう日記

友人でもあるnanapiのけんすう君の記事が素晴らしかった。
この記事をきっかけに、なんでも家入さんのせいにするブームがチャットルームで巻き起こり、ついには家入氏本人が「世界中のすべての出来事が僕のせいになりますように・・・」と言い出す始末。かわいそうな家入さん・・・。

 
話変わりまして、
たまたま知らずに企画がかぶってしまう、みたいなことってあるとは思うんです。
僕たちは生まれてから今日まで、いろんなものに影響を受けて育ってきたし、同じ日本って国で育ったのなら、ある程度思考も似て、着地も似てしまうことが運悪くあるってのも理解はできるんです。

もしそんなことになった場合、プライド持って企画してる人ほど、悪気もなく、知らなかったとしても、結果的に後出しになってしまったことに対して、顔面真っ赤っかで恥ずかしくて首を吊りたくなると思うんです。だからそういう人には、同じプランナーとして責めれないなと、しょうがないなと、割り切ってニラが詰まった歯をニカッとさせます。

ただ、過去に似たような企画があるってことを知ってた上で、わかった上で、あえて似たものを企画しちゃう行為ってのはカスの中のカスの中のカス王だと思うんです。電子レンジに入れた卵みたいにその腐った企画脳は爆発してしまえばいいし、ついでに輪廻も失敗して永遠の無になれば良いと思うんです。

というわけで、昔うちの会社でやったインド人シェフのアドバイスを全て無視して作ったカレー「インド人完全無視カレー」と似たコンセプトのサイトである
「イタリア人が認めなかったパスタ。」という超ミラクルおもしろホームページが日清さんから公開されたようです。

あまりにも素晴らしいコンセプトのサイトだったので、僕が Twitterで「わぁ・・・パクパクですね」とつぶやいたら、まさかまさかの制作に関わった関係者から「気分を害したようだったらすいません・・・」と連絡がきたではないですか。知り合いだったのかよ!
 
とりあえず「インド人完全無視カレーの話は、企画会議で出たりしてたの?」と聞いてみたところ、「出てた」と。
知ってた上で、「具体的には違うからいいでしょ」となったようです。

そのジャッジマン、センスあるわー。現場で言い訳つくっちゃったあたりセンスありありのアリーヴェ・デルチですわー。「パクってませんか?」って質問したあとブチャラティみたいに顔面舐めてやりたいわー。スコーンのBBQ味くらい濃いパクリの味がしそう。

あのな!日清さん!そして関わった制作チームの皆さんよ!
パクリかパクリじゃない定義を教えてやろうか?
パクリってのは、元ネタ知ってた上で行動しちゃったらそこでアウトなんですわ。
その瞬間に制作のプライドとかカッコ良さとかが全部なくなっちゃうんですわ。
知らなかったらセーフ!ぎりぎりセーフ!ぎりぎりセーフの仕事術!(※中央公論社から発売中☆)

うちの会社でも「最高のアイデア浮かんだ!」ってなったとき、調べてみたらすでにあった、みたいなことって結構あるんですよ。そのとき、ボツにするのはすごいもったいない気分になるんだけど、知っちゃってた時点でアウトで、「ここが違うから大丈夫」って言い訳考えるくらいなら、さっさと違うアイデア考えたほうが有意義だし、潔くそのアイデアは捨てるようにしてるんですよ。「パクリって思われるかもしれない可能性」なんてゴミ箱にダンクせにゃならんのですよ。

これがパロディだったとしても、元ネタにリスペクトがないとダメなんですわ。
パロディってのは歴史があって、圧倒的かつ認知度がオバケみたいなところからしかやっちゃダメなんですわ。
知名度がないところからパロディしたら、それを見た人って元ネタ知らないんでそれが最初のものだと思い込んじゃうんですよ。
あんな弱小クソカレーサイト、パロディーラインをクリアしてないのくらい見たらわかるだろ!一見高そうだけど色々抜かれて毎月の利益数千円だぞ!会社つぶれるわ!


だから、おい!家入! 次から気をつけろよ!


※なんでも家入さんのせいにすると世界が平和に。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.06.22 Monday category:- comment:-

「会社停止して、インドに行ってきます」

イント?2015.jpg

毎年6月になると「祝日がなくて嫌だなぁ」と思い、オリジナル祝日なるニセの祝日をでっち上げ、休み始めてはや6年目を迎えました。

そして今年のオリジナル祝日ですが、いつもは1日だけだったものを今年は9日間に延長しました。なぜなら長いほうがサボってる感が増すからです。世紀の発見。

で、去年だと社員ひとりひとりに「鉢底に敷く石」を配布して、それを持って休み中は過ごさせていたのですが、今回はインドに無理矢理連れて行くことにしました。休み方も選べないブラック企業。でも働くよりもマシよね。

というわけで6月1日から6月9日まで会社機能がほぼ停止してるかと思います。
お取引先の方々にはご迷惑をおかけしますが、現在、熱波で地獄のようになっているタイミングでインドに行くはめになったので「苦行旅行だからしょうがないか」と思っていただき、お許し頂けますと幸いです。




ちなみに去年、僕ひとりだけ会社をサボって10日間ほどインドに行ってきたのですが、聖なる河のガンジス川では、死体燃やしてるわ、死体流してるわ、その水で沐浴してるわ、といった非常におおらかな世界が広がっておりました。



ジョジョ3部に出てきた「牛のウンコを壁に貼り付けて干したもの」もたくさん見ることができ、



電車のチケット売り場では、わざわざそこで寝る必要のないインド人が寝ていました。

大好きになる人と大嫌いになる人、大きく2つに分かれると言われてるインド。
社員間で真っ二つに意見が分かれ、血で血を洗う戦いが生まれると刺激的で良いなと思っています。


余談ですが、社員から「今回のインドとは別で、単発のオリジナル祝日はあるんですよね?」と聞かれたときは、社員の働く意欲の無さに倒産を覚悟しました。

行ってきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.05.27 Wednesday category:社長日記 comment:-

イケてるしヤバい男とのチャットログ


シモダ:

ハゲー!


長島:

はい!!

なんでしょうか!


シモダ:

いや、なんとなく言いたかっただけです!

特に理由はないです!


シモダ:

ハゲー!!


長島:

えええええ
 

シモダ:

すいません つい・・・

なんかノドがむずむずしてたんで、叫んだらすっきりするかなーって思って

おかげさまですっきりしました!


長島:

なんかわからないけど、怒られるかと思った。

であればよかったです


シモダ:

怒る理由なんてどこにもないです

強いて言うなら、ハゲてることくらいしか怒ってません


シモダ:

僕、ハゲてる人をガス室に送るのが夢なんです


長島:

それ、いま、候補者って誰かいるんですか? ちょっと懸念点が多いですね。


シモダ:

今のところ、長島さんオンリーですね

選抜選手といってもいいくらい


シモダ:

圧倒的な反射


シモダ:

歩くレフ板


長島:

ちょっと確認ですが、ガス室に送り込んで、どうしたいとかってあるんですか?


シモダ:

ご質問ありがとうございます! 誠心誠意答えさせて頂きます!


シモダ:

ガス室に送り込む理由ですが、まずガスを吸い込んだことでゆっくりと身体が痺れていく長島さんをモニター越しに見たいから、というのがあります。

ワインとチーズを用意して、友達をたくさん呼んで、みんなで仲良く長島さんが痺れていく様子を見ます


シモダ:

次に別の種類のガスを長島さんが監禁されている部屋に流し込みます。目から血が出るタイプのやつです。


シモダ:

その様子を「こつぶっこ」を食べながら眺めます。


シモダ:

でも「こつぶっこ」の袋に書いてある豆知識みたいなやつのほうが面白いので、長島さんのほうはあまりしっかりとは見れないかもしれません。


シモダ:

最後に、部屋に設置された火炎放射器ですべてを焼却します。

なので、このステージに来るまでに「ハゲピィの遺書」というものを書いておいてください。


シモダ:

ペンは与えず紙のみお渡ししますので、インクは目から流れている血を使ってくださいね


シモダ:

僕からは以上です!


長島:

えっと、 「目から血が出るタイプ」とか「このステージ」とか、“みなさんご存知の”みたいな感じで話してますが、そんな世界観、ふつうじゃないですよ!!! そもそも、そんなニーズ、シモちゃんだけでしょ!友達をたくさん呼ぶって言ってますが、友達も来ないと思うので、ここはみんなで楽しく飲みましょうよ! ガス室とか一旦わすれて。


長島:

あと、この表現力とか、やばいですよね。 コレをスラスラ書けるって、心が健康じゃないと思うので、


長島:

やっぱり、みんなで楽しく飲みましょうよ!


長島:

ね!


シモダ:

そうですね!みんなで楽しく飲むほうが絶対いいですもんね!
了解です! 「 iPS細胞の技術を使って長島さんの耳をすごく増やす会」のみんなにも声かけておきます!


長島:

そんな会員の人たちに会ってしまったら、ぼく、絶対なんかされるじゃないですか!!!


シモダ:

大丈夫です。安心してください。
耳を背中に生やしまくるんですが、背骨にそってビッシリ生やすんでステゴサウルスみたいでカッコいいですよ!


長島:

そこって、聴覚の神経って通ってるんですか?
聴覚機能がないんなら、耳びっしりはヤダだなぁ。


シモダ:

ないです。

ただのオシャレ。


長島:

それをオシャレと捉える人ってあんまいないと思うんですよ、一般的に。 今後のトレンド次第ではあるかもしれないんですけど、たぶん、むこう100年はそれをオシャレと捉えてくれる人っていないと思うんですよね。あくまでぼくの勘ですが。


長島:

なので、もうちょっとストレートなオシャレがいいですね


シモダ:

ワガママばっかじゃないですか!

ハゲがっ!

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.04.24 Friday category:チャットログ comment:-
プロフィール
  • シモダ テツヤ
  • 株式会社バーグハンバーグバーグ代表取締役 兼 初代オモコロ編集長。タイの安宿でみんなが小便をするところを洗面所と間違えて毎日顔を洗っていたことがある。
カテゴリー
過去の投稿
リンク