「見栄だらけの自社プロモーションビデオ」

こんにちは。
バーグハンバーグバーグのシモダです。

ついに公開となりました株式会社バーグハンバーグバーグのプロモーションビデオ。皆様はもうご覧になりましたでしょうか?



PVの制作のきっかけは「ありのままの僕らを伝えたい」という想いからでした。

このキャッチコピーを掲げ、何も飾らない普段通りの僕たちを見てもらう。
この目的のために少しの余った利益をこのPVに投入することにしました。


▼オフィスシーン



僕らの働く場所であるオフィスは日常のイメージを一番伝えやすい舞台です。センスのいい家具やインテリアから僕らを感じ取って頂ければと思いPVの最初のシーンに入れることにしました。もちろんうちのオフィスではありません。スタジオです。



▼社内での英語会議シーン



時代はグローバル。
普段から英語を使った社内会議を行なうことで世界に通じるプレゼン力を養っていることを伝える重要なシーンです。このボードに何が書いてあるかはわかりませんでした。



▼外国人との商談シーン



日本だけでなく海外のお客様ともビジネスを展開していくことは大事です。そして当然 この外国人は雇われて客っぽく振る舞ってる役者です。もちろん僕は英語が喋れないので、とりあえず口元だけでも動いてることを見せるために日本語でウンコを使ったサンドイッチを食べてみないかという提案をしながら撮影しました。



▼いつものBARシーン



商談がまとまり、いつものBARで仲間と打ち上げをするシーンです。ですがこれも噓をつきました。普段は庄屋か笑笑にいます。



▼ダンスシーン



打ち上げで興が乗ってきた僕が突然ダンスを踊りだすシーン。
僕は母の体内にリズム感というものを置き忘れてきたので踊りなんてできません。
この撮影のためだけに社員から無理矢理ダンスレッスンを受けさせられましたが、自分でそのシーンを見るのを拒絶するほどグズグズなものをお披露目しています。


▼牢獄



噓をついてまでカッコつけようと心に決めていたはずなのに結局はこうなりました。



…というわけで、今回のPV制作を経て、やはりクズの会社はクズなPVしか作れないのだと学ぶことができました。


以下、オフショットになります。





スタジオでは社員の永田がほぼ全裸で過ごすという事態が起こっていました。





撮影現場には女性スタッフも2名ほどいらっしゃったのですが、長時間に渡る全裸撮影に感覚が麻痺してくるのか、ありのままの姿で談笑などが行なわれていました。





袋の中に入ったペースト状のゴマを何度も確認する永田。







こんなシーンは一切ないけど何か重厚なストーリーを持っていそうな一枚。
死んだ牛も浮かばれない。





外とスタジオは布一枚で隔てられています。
全裸の自分の前を傘をさした人が通る。気づかずに通る。
このスリルに病み付きになってしまいこの社員は後日「仕事よりも紙一重の露出がしたい」という理由で退職しました。


よかったら見てください。




このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.10.02 Thursday category:制作 comment:-
プロフィール
  • シモダ テツヤ
  • 株式会社バーグハンバーグバーグ代表取締役 兼 初代オモコロ編集長。タイの安宿でみんなが小便をするところを洗面所と間違えて毎日顔を洗っていたことがある。
カテゴリー
過去の投稿
リンク