「緊急!スリッパ大会議」



我が社のオフィスは土足が禁止されており、それを破ろうものなら足首を蛭子能収の足首と丸ごとすげ替えられるという恐ろしいペナルティまで存在しているため社内で働くスタッフは全員「スリッパ」というものを履いている。

そして社内には2種類の「スリッパ」が存在しており、それは「内履き用」と「外履き用」と呼ばれ、オフィス内での使用と、ちょいと近所のコンビニまでコンニャクとシャーペンでも買いに行こうかしら的なときの使用に分けて使われる。

社内は僕も含めて全員IQが2強しかないので、内履きと外履きがわからなくならないように用途別にスリッパの色を分けて区別できるような工夫も凝らされており、非常に親切な設計となっている。

にも関わらず、にも関わらずにだ。
内履き用のスリッパで外履き用の区域であるトイレに行ったりしている痕跡が見つかった。これは由々しき事態である。

履き替えることを面倒くさがり、神聖な内履き用のスリッパを外界のおぞましく汚れた床に使う者がいる。悪の所業だ。足首を蛭子能収の足首と丸ごとすげ替えるどころのペナルティでは済まされない。スタンスミスのおっさんの絵の部分が蛭子能収の顔イラストに変更されているやつを死ぬまで脱ぐことも許されず履き続ける刑に処されても文句は言えないだろう。

すぐさま僕は社内で緊急スリッパ会議を行うことにした。
世の中には仕事の会議よりも大事なことがある。それがスリッパ会議だ。

僕は社内にいる者たちを会議室に集めた。
透明性を保つためにツイキャスで会議内容も放送することにした。

テーブルには外履きのスリッパが置かれてる場所に脱ぎ捨てられた内履き用のスリッパの証拠写真が叩きつけられ、犯人探しが始まった。

各々が「わたしは犯人ではありません。なぜならマイスリッパを使用してるからです」といった主張をし始める。その中にはマイスリッパではあるものの、ゲロから作ったお好み焼きみたいなマイスリッパを履いている不届き者もいた。外履き用よりも明らかに汚かったのでその場で別の社員に裂かれていた。

とはいえ、自ら「私がやりました」なんて名乗り出る者はいないだろうし、捜査は難航を極めると思われていた。尋問のためにAmazonで鉄の処女(拷問器具)の購入を色違いで数点考えていたほどだ。

しかし、意外なほどあっけない理由で犯人がわかった。
リークである。

最近入ったさかなクンに似た20歳のインターン生が「ぼく見ましたよ。ARuFaさんです。」と華麗に先輩を売ったのだ。

そこには先輩をかばいシラを切り通す情なんてものは一切なかった。キラキラと光る瞳で僕に褒められ待ちをするインターンがそこにいた。そしてその横にはナッパが口から怪光線を出す寸前のような口を大きくあけて止まっているARuFaが。

そこからARuFaによる醜い言い訳が始まった。

「自分はスリッパを履かない人間だ。ずっと靴下で過ごしている。」

「だから自分には内履きも外履きもない。」

「トイレにも靴下で行っている。」

ダウトだ。
明らかにおかしな発言が混ざっていた。

100歩譲って内履きスリッパでトイレに行くのは許したとしても、靴下で行ってるのはダウトだし、アウトだ。

男子社員が床に撒き散らした黄金水を彼の足を包む綿はたっぷりと吸収していたはずだ。そして染み込ませた状態で内履きスリッパでいか許されない聖域を闊歩していたということだ。それは蛭子能収の顔のアップリケを両肘、両膝に処方されてもしょうがないと言える愚行。本人だけではない。一族郎等すべてにアップリケの責任は発生するだろう。

こうして、株式会社バーグハンバーグバーグの第一回スリッパ会議は幕を閉じた。スリッパは恐ろしい。平和だった社内を地獄のような景色に変えてしまう。しかし人と人が共存生活を送るには守られるべきルールが必要だ。

それ以来、社内で「ARuFaくん」と呼ばれていた者は「ションベンの足」略して「ション足(ソク)」と呼ばれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.04.28 Thursday category:社長日記 comment:-

「バーグハンバーグバーグの年末年始のお休みについて」





 バーグハンバーグバーグは、
2015年12月29日(火)〜2016年1月6日(水)まで
年末休暇を頂きます。

当初は2016年1月4日までの休暇予定でしたが、僕が香港マカオ旅行から帰ってくる日が営業開始日の二日後だったため僕以外の社員全員も休暇を二日延長することになりました。

もちろん僕だけ二日後に何食わぬ顔で出社することも一度は考えました。
しかし、普段から遅刻三昧の僕が、年始の営業開始日を過ぎても来ないなんてことになれば社長の信用は地の底まで失墜し、普段から感じていた「ちゃんとしたボスを持てなかったストレス」を爆発させた社員たちが暴徒と化すことは目に見えていました。

堅い樫の木から作った棍棒を大きく振りかぶって僕をぶつ姿が容易に想像できたのです。

人の身体は簡単に壊れてしまうものです。ましてや樫の木です。何人もの調子こいた空手家の足を逆にへし折ってきたあの樫の木で僕の頭をぶつわけです。痛いなんてもんじゃありません。一撃や二撃は運良くかわせたとしても相手は11人の蛮族です。いずれ体力に限界がきて壁際に追いつめられた僕は「パーン!」という音とともに殴りつけられ崩れ落ちるのです。もちろん4つある僕の脳(クアッドコア)は弾けたポップコーンのように外部に飛び出し、ただでさえ頭が悪い僕の頭がもっと悪くなります。4つあった脳のうちの5つくらいが外部に飛び出したので、もちろん身体は上手く動きません。身体から体温がなくなっていき意識も途切れ途切れになってきました。







以上、業務連絡でした。
良いお年を。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.12.29 Tuesday category:社長日記 comment:-

「突破クリエイティブアワードを終えて」


 バーグハンバーグバーグと面白法人カヤックさんとで共催した「突破クリエイティブアワード」が無事終わりました。

そもそも、この賞はどんなものかと簡単に説明しますと、



で、審査基準はこれ。



今回155件のご応募を頂き、どれもこれもニヤリとしてしまうものばかり。
最初は50件ほどの応募で「こんなもんか」くらいに思ってたのですが、締め切り当日に駆け込みで100件ほど応募があり、運営チームが目から血を流しながら一つ一つがっつり見て最終ノミネート12作品に絞らさせて頂きました。

選ばれた12作品は、言わずもがなどれも納得のいく突破感とクリエイティブの高さを誇っていたのですが、惜しくも選考に漏れた作品もたくさんあり、最後の最後まで本当に悩みながら選ばさせて頂きました。

どれくらい悩んだかというと、中2のとき自宅でガチで描いていた幽遊白書の劣化版みたいな漫画の「髪型を変えると戦闘能力が変わる」という戦士が格闘大会で戦うというシーンが載っているノートを数学のノートと間違えて中学校に持って行ってしまい友人にそれが見つかって回し読みされたときくらい悩みました。次の日学校休んだ。

話が逸れてしまいましたが、そんなこんなで「グランプリ」「金賞」「銀賞」「銅賞」が無事発表され、「審査員特別賞」なんて1つのはずが3つも出てしまうという良すぎる作品に囲まれた授賞式となりました。

少し真面目な話になってしまいますが、僕と一緒にがっつりやっていたカヤックの三好さんとよく話していたは「この賞を10年続けられるようなものして価値を持たせたい」ということでした。

最近、炎上をやたらと怖がって保守的な表現ばかりが世の中に拡がっていると感じていて、意味のあるクレームならまだしも、ただの「好き嫌い」の反応までクレームとしてカウントし、仕掛けた側がなんでもかんでも日和ってすぐに撤退したり謝罪するということが増えているな、と。

それによってクリエイターやクライアントがどんどん臆病になって、角の取れたものであったり、どこかから成功例を持ってきて真似た既視感全開のものしか通らなくなってきているような気がしていて、こういう事象をなんとか止めていけるようなきっかけを作りたかったというのがこの賞の本質だったりします。

「面白いんだけど出すのが怖い」みたいなGOサインに悩むときに、この賞が後押しになって「でも突破クリエイティブアワードが取れるかもしれないからやってみるか!」とアクセルを踏み込んでくれるようなものになってくれたらこれほど嬉しいことはないです。もっともっと「突破したいときの言い訳」になるような賞にしていけたらなと思っています。


というわけで、授賞式の最後は審査員全員で記念撮影をしました。


僕以外全員すぐ帰った。


(おわり)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.12.04 Friday category:社長日記 comment:-
プロフィール
  • シモダ テツヤ
  • 株式会社バーグハンバーグバーグ代表取締役 兼 初代オモコロ編集長。タイの安宿でみんなが小便をするところを洗面所と間違えて毎日顔を洗っていたことがある。
カテゴリー
過去の投稿
リンク